Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年10月20日(木) 曇り  気温22℃(8時15分)  北東の風・弱
‘曇り’とは言え青空も見える天気。7時40分、カウンターFさんの前の谷、下から4羽のサシバが湧いてきた。頂上に東京からの若い女性。サシバを観に来たとか。残念。カウンターズの10個の目で、靄(もや)混じりの完全な曇りとなった空にサシバを探す。ときおりパラッ、パラッとサシバ。10時25分、右上高く8羽のサシバが舞う。本日最大の群れ。そして今季お別れの群れとなった。あとは1羽か2羽だけ。14時、今季のカウントを終了とすることにした。
 ただし、今後カンターズによるサシバのデータが入ってきたときは「金御岳サシバ渡り情報」の表の方で追加をしていく予定です。

 サシバ 35(累計 20,674)  チゴハヤブサ 2


 向こう4日は‘傘マーク’の付いた天気予報。残りも非常に少ないはずのサシバを、この生憎の天気の中で長時間待つのは至難の業です。神経が持ちません。ということで2016年のカウントを終了にしました。従いまして、本日で「2016年・金御岳サシバ渡り情報」での報告を終わりとします。楽しんで頂けましたでしょうか。期間中の朝6時頃から夕方6時頃までの12時間、ずっと晴れていた日は僅か6日。とにかく異常な50日間の天気でした。10月5日までの集計では過去最低の累計渡り数。しかし、10月6日に4,600羽、10月10日には7,500羽ものサシバ。溜まっていたのですね。素晴らしい光景でした。このシーンに遭遇された方は幸運でした。この日のサシバを忘れることはないでしょうね。読者の皆様からはたくさんの応援をいただきました。有り難うございました。来年もこのブログでサシバを楽しんで頂ければ幸いです。
 カウンターズの皆様、お疲れ様でした。様々な犠牲の上のカウント。承知しているからこそ頭が下がります。でも楽しかったですね。‘見習い’ながら優秀なカウンターが育ちそうです。来年も新米カウンターを発掘したいものです。でも、先ずはゆっくりとお休み下さい。来年もこのカウントを続けられることを願います。それまでお元気で。  

2016年10月19日(水) 曇り  気温23℃(8時00分)  南西の風・弱
 サシバは飛びそうにない空模様だが「行ってみるべし」と金御岳へ。福岡ナンバーと鹿児島ナンバーの車。サシバを観に来たとか。周りは完全にガス。例年なら10日前後のサシバのピークの頃に匂うキンモクセイだが、今年はやっと匂い始めた。ついに雨がポツポツと落ちてきた。10時にカウントを中止して下山した。

 サシバ 0(累計 20,639)

2016年10月18日(火) 晴れ のち 曇り  気温25℃(10時00分)  西の風・弱
先着は6時30分、国分のベテラン。続いてカウンターFさん。靄(もや)がひどくカウント不能だったが9時前から見通しが利くようになった。9時台…5羽。秋の空に飛行機雲が交差して10条ほど、さながら抽象画を見ているよう。10時00分、真上に3羽。10時14分、真上に3羽。10時18分、飛行機雲の下を8羽が南へ。10時23分、真上に24羽。11時57分、左・市街地側の目の高さより少し上を16羽が群れとなってスーッと流れて行った。

 サシバ 80(累計 20,639) ハイタカ 1、ノスリ 1、ノスリ? 1、小型タカ 1

2016年10月17日(月) 曇り のち 晴れ のち 曇り  気温25℃(10時00分)  西の風・弱
 先着はカウンターFさんとJさんで8時。カウント陣はいつものカウント展望台ではなくギャラリー席でカウントすることにした。代わりに、いつものカウント展望台には若い女性が二人。ここから我々・下のカウンターに大声で「しょうめーん」とか、「みぎーッ」とか教えてくれた。可哀想なので小声でも良いように無線機を預けて教えてもらうことにした。お陰でたくさんの情報が入って助かった。最初のサシバは彼女たちの見つけたもので9時47分の4羽。9時台…30羽。30前後の群れが3つ。だんだんサシバが増えてきた。鹿児島県の俳句会の人達の一行がやってきた。さすが俳句の人達。サシバのどんな動きにも純粋に喜んでくれる。10時台…134羽。正面から左へ50羽の群れ。先程の女性2人組が宮崎へ帰って行った。すると、正面奥からサシバが「一」の字を横に5列ほど、前後に限りなく並べて、音もなく滑るように見えてきた。頭上で前進を中止し、旋回を始めた。再び流れ始めたときにはミサゴ2、ノスリ3、ツミ1、中型タカ2を交えた50羽以上の群れとなっていた。俳句の人達から感嘆の声が上がりっ放し。サシバはまだまだ続く。俳句の幹事さんが「時間でーす」といくら声をかけても皆さんは戻ろうとしない。嬉しかったですね。どうやらサシバが振り撒いた‘サシバ症候群’のウイルスを吸い込んだらしい。11時台…234羽。午後からは3時30分まで約70羽。

 サシバ 466(累計 20,559) ミサゴ 3、ツミ 1、ノスリ 5、中型タカ 2、ハヤブサ 1、チゴハヤブサ 1、チョウゲンボウ 2

2016年10月16日(日) 曇り 一時 雨
ガスで視界がほとんどきかず、カウント不能。11時30分、再度、細かな雨が降ってきたのでカウントを中止した。

 サシバ 0(累計 20,093)

Appendix

プロフィール

Author:金御岳サシバカウンターズ(日本野鳥の会宮崎県支部有志・他)

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。